神経管閉鎖障害に関する基礎情報のまとめ

神経管閉鎖障害は胎児を死に至らしめることもあることで知られる重大な障害の一つです。
神経管っていうのは胎児の脳や脊髄が入っている組織で超重要な器官です。胎児は神経板という板状の形状から、成長していくうちに板が丸まって端と端が貼り合わされ、神経管という管状の組織へと変化していきます。そこで神経板の端の一部が管状にぴったりくっつかないということがレアケースながら発生することがあります。

この状態を神経管の閉鎖にまつわる障害ということで神経管閉鎖障害といいます。

神経管閉鎖障害という言葉を聞いたことがない人も、それによって生み出される2つの症状に関しては聞いたことがあるかも知れません。

神経管の上側が開いた状態は、無脳症という脳が神経管に守られない症状となります。脳が神経管に守られないことになるので、この症状になった胎児はほとんどが死にます。

神経管の下側がうまくくっつかなかったケースは二分脊椎症という障害になります。

二分脊椎症は脊髄の損傷によって運動神経に重い障害が出ることで知られる病気です。
欧米での研究によって、神経管閉鎖障害は葉酸の摂取で発生率を減らせることがわかっています。
1日に400μgの葉酸摂取を行うことで神経管閉鎖障害の発生を減らせることは厚生労働省の資料でも明らかにされています。

神経管閉鎖障害の予防のためにも、妊娠前には必ず葉酸を摂取することをおすすめします。